FX自動売買(EA)の成績(2018年10月15日週)

今週のFX自動売買(EA)の成績を公開します。

使用しているEAの特徴

Ku-ChartをカスタマイズしてRSI(相対力指数)表示化したチャートを用いた独自EAです。

中身のプログラムを把握できるので安心ですが、買っても負けても自己責任でやっています。プログラムが好きなので、自分の投資スタイルをロジックに落とすのは楽しいです。

エントリー判断として、強い通貨と弱い通貨を探し、買われ過ぎ、売られ過ぎからの反転を狙ってエントリーしています。よって、特定の通貨に固定するのではなく、市場全体から最適な通貨ペアを探します。ここが他のEAとは異なる大きなポイントです。但し、MT4のStrategy Testerではテストが出来ないので2017年5月から実践でテストしています。今のこのトレード自体もテストの延長戦みたいなものです。その為、ロット数も少額で実施中です。

トレンドフォローではなく、逆張りである為、ADXの指標値を用いたトレンドフィルターを行っています。トレンドが強い時にはエントリーしないようにしています。

ADX指数とその線の傾きをフィルター条件としているのですが、これも奥が深く、トレンド強い時の判断(逆張りをすると失敗する判断)をこれらの値の組み合わせを既に1000回以上の統計をとって分析中です。回数を重ねるにつれ、ある程度の傾向が見えてくるので、このADXを用いたトレンドフィルターは統計をとってはチューニングというのを適宜実施しています。

この統計・分析から導かれる予測を立てるのは、もはやAIを導入したいぐらいレベルです。

逆張りである為、利確決済と損切りも一定値を基準にスパッと実施しますので、短期トレードです。時間軸も15分足を用いています。これは色々な時間足で試してみた結果、実際に決済されるトレード回数が多すぎず、少なすぎず、自分のスタイルに合っていた為です。

また、過去の経験から急激な相場変動時など、スプレッドが大きく開いているような時はトレードしないように、スプレッドの開きもエントリー条件に加えています。

その他、同時保有可能なポジション数を設定することで、証拠金維持率不足による強制決済を回避するようにしています。

 

今週の実績

トレード回数:9回

勝ち回数:6回

負け回数:3回

PF(プロフィットファクター):1.776

勝率:66.67%

自動売買判定の結果、エントリー通貨は以下でした。

NZDUSD、EURGBP、GBPUSD、GBPJPY、CADCHF、GBPUSD

AUDJPY、EURCAD、EURCAD

 

詳細はこちらです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です