2017年4月3週トレード実績

今週は米中首脳会談前のリスク回避的な動きや北朝鮮に対する地政学的リスクの高まりから週前半はクロス円全般的に円高傾向でした。

そんな中、FOMC議事録の公表、ADP3月全米雇用報告、米国によるシリア爆撃、米国3月分雇用統計とイベントが多くその度に相場が行ったり来たり(行って来い)と荒れました。

1週間終わってみると、結局はまだレンジ相場の中での動きが繰り返されているという感じです。

シリアへの攻撃に関しては想定外でしたが、各国の緊張が高まっていますので、週末リスクも考え、金曜の雇用統計前にはポジション整理し、ポジション無しで来週を迎えます。

ドル円の日足は下降雲も形成されており、移動平均線3本が下向きになっているので、下方向への流れを意識したいと思います。

1時間足では短期的に110円〜111.50円近辺のレンジで、110円がかなり底堅くなっています。よって、下方向といっても110円を割るかどうかがポイントとなりそうです。

今週のトレード実績は以下の通りでした。

  • 2勝1敗 勝率:66.67%
  • 合計利益:+138pips
  • 平均利益:+77pips
  • 平均損失:−15.5pips
  • 平均ポジション保有時間:25時間9分

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です