国内FX業者 VS 海外FX業者!資金以上の損失リスク、追証について

私は海外FX業者を使用しています。今日は、国内FXと海外FXの比較観点の一つである資金以上の損失リスク(追証)について、記載していきます。

海外FX口座を選ぶ場合はこちらの記事も合わせてご覧ください。

 

追証(おいしょう)とは

追証とは、追加保証金のことを指します。信用取引や先物取引など、保証金を担保として行う取引の場合、一定の維持率(保証金維持率)を下回ると、追加の保証金を差し入れなければなりません。

FXトレードの場合、レバレッジ取引の為に一定の証拠金(証拠金維持率)を維持することをFX業者は求めていますが、為替変動の含み損の状態によっては、証拠金維持率を割ってしまうことがあります。その場合、追加での証拠金の入金を求める請求行為を「追証(おいしょう)」と言います。追証に従って入金をしなければ強制ロスカットでポジションは解消されます。

問題は、口座の資金以上の追証を請求される可能性があるということです。FX業者を選択する場合は、もしもの時のリスクとして、口座を開設しようとする業者がどういう制度になっているのか、理解をしておく事が大切です。

FXトレードでは、証拠金維持率が一定の基準を割った際、トレーダーの意志とは無関係に強制的に決済(損失を確定)して、損失を証拠金内におさめるシステム(所謂「強制ロスカット」)がほとんどのFX業者に存在しています。資金以上の損失からトレーダーを守るシステムですね。

ただ、このトレーダーを守るシステムも完璧ではなく、証拠金の範囲内で無事強制ロスカットできれば、損失は証拠金に限定されるので良いのですが、急な為替変動が起こってしまうと強制ロスカットも間に合わずにトレーダーのFX口座がマイナス残高になってしまう場合があります。追証の制度は、この場合もFX業者はマイナス分をトレーダーに請求する事が出来るのです。

 

国内FX業者では

国内FX業者の場合、どの業者も追証の制度を採用しています。

そのため、FX口座の強制ロスカットが間に合わずにマイナス残高になってしまった場合に、証拠金を超えたマイナス分については債務(借金)扱いになり、証券会社へ返済しなければなりません。

 

海外FX業者では

海外FX業者の場合は追証ゼロという業者がほとんどです。

「ゼロカット」というシステムで、資金以上の損失は業者側でカバーをしてくれます。

口座がマイナス口座になった場合には、ゼロにリセットしてくれます。

 

まとめ

もしものリスクに備え、使用するFX業者の制度を理解しておく事が大切です。このような追証のリスクを回避したい場合は、追証がない海外FX業者がおすすめです。口座選びはおすすめの海外FX口座の比較もご参照ください。

 

おすすめ海外FX業者

私のおすすめの業者は「XM」です。日本語サポートも完璧で、ボーナスなどのサービスが豊富です。レバレッジも高く設定されているので少ない資金から始める事が出来、効率的なトレードができます。国内・海外合わせいくつもFX業者を使用してみましたが、今のところXMが一番です。もちろんMT4も使用可能です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です