国内FX業者の「DD方式」と海外FX業者の「NDD方式」、トレーダーに有利な方式は?

以前こちらの記事でFXで自動売買(MT4でEA)をするなら海外のFX業者がおすすめとして海外FX口座の比較を紹介させて頂きましたが、その中で触れた海外FX業者の特徴の一つとしてNDD方式というのがありました。

今日はこのNDD方式について詳細を紹介したいと思います。

NDD方式とは?

NDD方式とは、No Dealing Desk方式の略で、FX会社のディーラーデスクを介さずにインターバンク市場直結の取引方法で海外FX業者のほとんどがこの方式を採用しています。日本のFX業者の多くは、DD(Dealing Desk)方式になります。最近ではNDD方式を取り入れる業者も出てきました。

それでは、DD方式と、NDD方式の違いについて詳しく見てみましょう。その前にインターバンク市場について説明します。

そもそもFXの売買はどうなっているか?インターバンク市場とは?

FX市場というのは私たちのような個人もいれば企業などの法人、機関投資家、証券会社、銀行など様々な組織が日々トレードをしています。その中でもFX市場において主役と言われているのは銀行」です。

このように常にトレードが行われている市場だからこそ、自分が買い注文を出せば必ず何処かの誰かの売り注文と相殺され取引が成立します。

株の場合だと東京証券取引所のように決まった取引所があるのですが、FXにはそれがなく、各国の大きな銀行などがそれぞれ連携を取り合って値段を決めていきます。これをインターバンク市場と呼びます。常に動いているFXの価格ですが、インターバンクが決めたレートが基準になっています。

このインターバンク市場は株取引の際の証券取引所のように拠点となる場所ではなく、世界中の銀行が繋がっているネットワークのことを言います。銀行はこのインターバンク市場で取引をします。

FX業者の大きな違い(NDD方式とDD方式の違い)は、簡単に言うと、このインターバンク市場まで注文が届くか、届かないかということになります。

DD方式:不透明だが最狭スプレッド

DD(Dealing Desk)という方式を採用しているFX業者での取引ではトレーダーの注文は業者を介して行われます。
国内業者のほとんどがこのDD式を採用しており、海外ではほとんど見られない方式です。

投資家(トレーダー) → FX業者(ディーラー) → カバー先(FXブローカー・銀行)

このような流れをとっており、投資家の注文をカバー先に発注するかどうかは、FX業者が決めることができます。

DD業者はインターバンク直結ではなく「ディーリングデスク」を置いて、「投資家」対「FX業者」の取引、「FX業者」対「カバー先金融機関」の取引というように2段階に取引が行われます。店頭取引(OTC)方式とも呼ばれ、つまりは投資家とFX業者との「相対取引」になっていて、投資家の注文がそのままインターバンクに流れるわけではありません。

このDD方式のFX業者のビジネスモデルとして、投資家とは利益相反関係にあるため、投資家が損失を出すことで利益をあげることができます。逆に投資家が利益をあげればFX業者が損をする仕組みです。

一つの例として、DD方式の最大の特徴としてスプレッドを極端に狭くできるということがあります。実際に国内のFX業者のスプレッドは海外に比べ狭いです。しかし、本来のスプレッドとはインターバンク市場における「売値(BID)」「買値(ASK)」の差分のことで常に変動しているものですが、インターバンクと直接つながっていないDD業者の提示するプライスは、リアルな為替レートとは異なり、スプレッドも業者独自に設定したものとなっています。

普通に考えると、DD業者の経営が最狭スプレッドだけで成り立つはずがありません。ですが、極端な話をするとスプレッド『0』でもFX業者は利益を出すことが可能で、独特の収益システムが用意されています。DD業者は投資家の注文を「呑む」ことができるので、その場で投資家同士の注文を相殺したり、小口注文なら一定の量がたまるまでカバーしないという事ができます。どのカバー先にいつ注文を流すかはFX業者次第なので、どのようにカバーされているかは不透明で全くわかりません。

その為、カバーが間に合わないスキャルピングや自動売買も大抵禁止されています。大きな価格変動の際には約定が拒否されたり、スプレッドが異常に広がったり、大滑りします。フェア取引と安定した約定を重視するならNDD方式の方が納得できる方式といえます。

NDD方式:透明性が高くグローバルスタンダード

NDD(No Dealing Desk)方式はディーラーデスクを置かないインターバンク直結の取引方法で海外FX業者のほとんどがこの方式です。海外ではSTP(Siraight Through Processing)方式とも呼ばれ、投資家の注文をダイレクトにカバー先に流します。

投資家(トレーダー) → FX業者(仲介) → カバー先(FXブローカー・銀行)

このような流れをとっており、投資家とインターバンクをつなぐ仲介業者的な役割です。

NDD業者はカバー先から投資家にとって最も有利な売値と買値をもらい、それに「手数料」を上乗せしてレート配信しています。複数のカバー先がある場合は、その中から最も優れた売値と買値を組み合わせてスプレッドをのせて約定することになります。厳密にいえばSTP方式は業者側が一度カバーしますが、DD方式のように、顧客注文を「呑む」ことはぜず仲介するだけです。業者側はポジションを持たず、投資家の注文全てをカバーするので、リスクを負いません。

そのため透明性が高く、DD方式とは反対に、投資家の取引回数や枚数が、そのまま利益になることから、業者と投資家の「利益相反」が起こりません。NDD式の業者の儲けはスプレッドのみになるので少し広めのスプレッドになっていることが多いです。その分より多くの顧客にトレードしてもらう必要があるので、他のところでサービスも充実させていますし、注文拒否などはありません。スキャピングや自動売買も問題なく行えます。スプレッドは変動制で時間帯によってバラつきがありますが、約定力や約定スピードは安定しています。

NDD方式を採用しているFX業者は、トレーダーが取引すればするだけ、自社の利益になる仕組みです。

FX業者が利益を生むためには、トレーダーにたくさん儲けてもらって、取引量を増やしてもらうことが大事なのです。

これが、DD方式を採用しているFX業者との大きな違いです。

ECN(Electronic Communications Network)方式とはNDD方式の一種ですが、STP方式を完全自動化した「電子商取引」のことです。投資家同士の注文をマッチングさせる取引方法でスプレッドが極めて狭いのが特徴ですが、別途「取引手数料」が発生することが多いです。この方式の場合、株式のような「板情報」の閲覧が可能になります。

おすすめ海外FX業者

以上のようにFXをするなら海外のFX業者が断然おすすめです。こちらの海外FX口座の比較でも記載していますが、私もずっと使用し続けているFX業者を紹介します。以下リンク先の「XM」になります。日本語サポートも完璧で、ボーナスなどのサービスが豊富です。レバレッジも高く設定されています。国内・海外合わせいくつもFX業者を使用してみましたが、今のところXMが一番です。もちろんMT4も使用可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です