NZドル短期トレンド入り、買いが続伸、政策金利は据え置き

NZドル続伸

ここのところNZドルの続伸が続いています。

11/7の早朝に発表されたニュージーランドの第3四半期失業率は3.9%と、市場予想の4.4%から大きく改善した結果となり、これを受けてNZドルは対ドル、対円で続伸となりました。

また、本日11/8の金融政策決定会合では予想通り、政策金利を1.75%に据え置くことが決定されました。

 

NZドルの金利

ニュージーランドドルの金利は、2015年頃には3.5%ほどありましたが、2015年以降は繰り返し利下げが行われてきました。とはいえ、2018年現在、ニュージーランドドルの金利は1.75%と、マイナス金利の日本と比べると高金利な通貨であり、豪ドルなどともに金利差(スワップポイント)を狙った取引でも人気があります。

 

NZDJPY日足チャート

日足のチャートを見ると一目均衡表の雲は完全に突き抜けており、200日移動平均線も超えています。

11/1の大陽線以降、6日連続陽線となっています。短期トレンドは非常に強く、“NZD買い”ですね。

直近の上値抵抗は6/13高値の77.80近辺、その次は78.00節目あたりです。

この直近上値抵抗を超えて越週出来るかどうか、NZドルにも期待したいと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です